最終更新日 2014/8/28

借入件数で借入先を探す

消費者金融の中でも特に借りやすいキャッシング会社のランキングです。現在の借入件数に沿った審査基準の金融会社を厳選していますので、審査に通る確率は高いです。また、ローン残高が多いにもかかわらず新規に借りたいと考える人も大丈夫ですので、申し込んでみて下さい。

消費者金融口コミランキング

第一位
口コミ: 評価5
金融名 : 消費者金融一覧
キャッシュカード お金が借りれなくて悩むことは、大変に辛く厳しいものです。 お金が必要なのに手元にない、借りようとしても借りれない、残された道は自殺・・・、こんなことを考えてしまいがちです。 しかし、捨てる神あれば拾う神があります。どんなに多重債務に困っていても、お金を貸してくれる金融会社は存在します。 ただ、無審査と偽ってクレジットカードの現金化を薦めてみたり、質屋のようなショップへ誘導するサイトも垣間見られます。 クレジットカード現金化に手を出すくらいなら、自己破産をしたほうがましでしょう。そのような状況に陥らないためにも、 貸金業登録をしている消費者金融で融資を受けましょう。
限度額 融資対象者
1万円~50万円 借入件数4件以上の多重債務者を対象
第二位
口コミ: 評価4
金融名 : キャッシングステーション
ローン 過去5年間の内に自己破産などの債務整理をしていれば、信用調査会社のブラックリストになっています。ブラックになっていると、 殆どのキャッシング会社では審査に通りません。問答無用で審査に落とされてしまいます。そのような方は、ブラックや総量規制対象外 の消費者ローンで審査を受けるようにしましょう。少し金利は高めに設定されていますが、審査が激甘なので借りれる可能性は高いです。
限度額 融資対象者
1万円~50万円 借入件数5件以上のブラック対象者

お金と生活

生活を営むにはお金が必要です。衣食住や交通費、医療費なども必要で、失業などで職を失っていまうと収入源が絶たれて大変な事態に陥ってしまいます。そうならないためにも、常日頃からお金を貯めておく必要があります。いざという時のたえにも一定の貯蓄が必要ということです。

日頃から銀行に貯金をしておくと銀行からの信用も高くなり、低金利でお金を借りたりも出来ます。銀行のカーローンなどは非常に金利も低くて借りやすくなっているのが特徴です。但し、銀行ローンは一定の信用がなければ貸してくれませんので、多重債務者やブラック対象者などには敷居が高いといえるでしょう。

急な冠婚葬祭や事故による病気などは出費を伴います。そんな時、お金がなければ雲隠れをする以外に手立てはありません。キャッシング会社のカードローンを持っていれば、24時間ATMでお金の出し入れが可能ですが、カードを保有していない方は知人や親戚関係から借りる以外にありません。

消費者金融の審査基準

消費者金融やローン会社でお金を借りたいと思えば、まず金融会社の審査基準をクリアする必要があります。審査基準は金融会社毎に異なっていますが、概ね「収入」「借金の額」「過去の経歴」の三つが基準になります。まず定職に就いていることが条件で、毎月安定した収入があること、次に過去5年間に自己破産をしていないこと、そして最後に現在の借金の額になります。もしも、現在の借金の額が年収の三分の一以上あれば、総量規制の対象となりますので、審査基準をクリアすることは出来ません。

融資の申し込みはwebサイトでも申し込めますが、直接消費者金融の窓口へ出向いても申請は可能です。その場合、書類審査に加えて人物像なども審査の対象となりますので、誠実そうな印象を与えると審査に有利となるでしょう。清潔な格好をして窓口審査に出向きましょう。

来店不要のネット申し込みにしても窓口申し込みにしてもそうですが、虚偽の記載は絶対止めましょう。勤務先を誤魔化しても、必ず在籍確認をされますので、直ぐにバレてしまいます。そうなった場合、審査に落とされるのみでなく、信用調査データに詳細が記載されてしまいますので、ますます審査に通りにくくなってしまいます。

保険料納付期間と免除期間を合わせて25年に満たないと65歳になっても老齢基礎年金や老齢厚生年金を受けられません。こういった人は老後保障もなく、自らお金を蓄えておく必要があります。また、年金受給者が60歳を過ぎてから失業保険を受給すると、老齢厚生年金がその間は支給されないことになっています。そこで、59歳で退職し、雇用保険の基本手当をもらい終わってから老齢厚生年金の受給を開始するようにする方法があります。

老齢厚生年金を満額もらう方法としては、失業保険を受給せずに雇用保険から再就職手当などを受給する方法もありますが、1年以上、雇用の安定した職業に再就職することが前提となります。そういった場合、基本手当が年金額より多い場合は失業給付をもらい、年金が多い場合は求職せず失業認定を受けなければよいでしょう。

やはり老後、苦労をしないためにもコツコツとお金を貯めておいたほうが良いでしょうね。

更新情報

2014年2月7日
  • 総量規制
総量規制が対象外となるおまとめローンや闇金融サイト情報を更新しました。
2014年1月10日
  • 大阪消費者金融
関西の中でも特に大阪を中心とする消費者金融一覧を更新しました。
2013年12月25日
  • ブラックリスト
信用調査会社のブラックリスト基準を更新しました。